下呂市周辺の見どころ

下呂温泉

下呂温泉は、岐阜県下呂市にある温泉。

林羅山が有馬温泉・草津温泉とともに日本三名泉に数えたことから日本三名泉と称されている。

濁河温泉市営露天風呂

濁河温泉は、霊峰御嶽山の飛騨川登山口として知られ標高1800メートルでの通年営業温泉街としては日本でも有数の高所温泉地です。

湯屋温泉

岐阜県下呂市小坂町湯屋にある温泉。御嶽山麓2の大洞川沿いに位置する炭酸泉。

飲用すると胃腸によいといわれサイダー温泉ともよばれる。

根尾の滝

根尾の滝は岐阜県下呂市にある滝。落差63m、幅約5m。

「日本の滝百選」に選ばれている名瀑である。根尾の滝は飛騨川の支流、濁河川(小坂川上流)にある。

縄文公園

縄文公園には縄文時代の竪穴住居址2軒と弥生時代の住居址1軒が復元されています。

また、公園の一画の保存館には住居址の状態が当時のまま保存してあります。

岩屋岩陰遺跡

岩屋岩陰遺跡は岐阜県下呂市金山町岩瀬にある巨石で構成される遺跡。

独立行政法人水資源機構岩屋ダム下流に位置する。

中山七里

飛水峡が美濃帯堆積岩類を刻んでいるのに対して中山七里は濃飛流紋岩の溶結凝灰岩が削られてできた峡谷である白川口~飛騨金山の区間は美濃帯堆積岩類と濃飛流紋岩の境界地帯を刻んだ峡谷になっている。

岩屋ダム

曽川を下流から遡ると今渡ダムで飛騨川と別れ飛騨川も遡っていくとやがて馬瀬川と別れます。

その馬瀬川を遡っていくと先ずこの馬瀬川第2ダムに辿り付き、更に上っていくとこの岩屋ダムがあります。

下呂温泉合掌村

温泉街の東、弘法山のなだらかな丘陵地に、世界遺産となった飛騨白川郷の合掌家屋を昭和39年より移築し、現在10棟ほどの合掌集落となっています。

中には天保4年から弘科3年までの13年間をかけて作られた、旧大戸家住宅(国指定重要文化財)などもあります。

下呂温泉まつり

8月第1土曜日から3日間にわたり開催される下呂温泉まつり。龍神火まつりを筆頭にみこしパレードや下呂おどりなどが催されフィナーレには花火ミュージカルが繰り広げられる下呂温泉夏最大のイベント。